クレジット審査を確実に通るために

この春、社会人になった人は、そろそろ職場の雰囲気にも慣れてきたと思います。
そうしているうちにも、夏のボーナスの時期がやってきます。
この不況の時代にあって、ボーナスが支給されること自体が「ありがたいこと」、いいえ、「有り難いこと」かもしれません。
新社会人の場合、夏のボーナスがどういうシステムになっているのかは、勤務先にもよりますが、先輩と同じ条件(同率)で支給されないことは覚悟しておきましょう。
むしろ、それが一般的です。
ところで、新社会人をターゲットにした商戦として、定期積立や保険の勧誘、車のセールスなどがありますが、クレジットカードも例外ではありませんね。
いまでは、大手家電店やドラッグストアなどで勧められる場合も出てきます。
そんなときに注意すべきことは、勧められるままに申し込みをしないことです。
軽い気持ちで申し込むこともありますが、履歴が個人信用情報として残るため、クレジット審査に通らなくなる可能性が出てくるのです。
特に、1カ月に3箇所以上に申し込むことは絶対に避けましょう。
やはり、申し込みが短期間に集中すると、切羽詰まっているイメージがあり、審査で不利になってきます。